2018/4/24にブログを開設しました。

【スコッチまとめ】スコッチウイスキー6大産地の特徴まとめ




6つに分類される生産地区から個性豊かなスコッチが生まれる

スコッチが突出した存在感を示している理由として挙げられるのが、スコットランドの風土だ。
まず原料となる大麦の生産地であること、ウイスキーの熟成に向く冷涼な気候、ピートを豊富に切り出せる湿地帯と、どれもがウイスキー造りに理想的なのである。
さらに、地域ごと蒸留所ごとに異なる多彩な自然環境が、多種多様なスコッチの個性を生み出しているのだ。
現在、スコットランド全土で稼働している蒸留所は100カ所あまり。
スコッチの生産地区は、伝統的にはハイランド、
ローランド、キャンベルタウン、アイラの4つに区分されていたが、現在ではハイランド地方のなかのスペイ川流域をスペイサイド、アイラ島を除くハイランドの島々をアイランズと分離して6つの生産地区に分けるのがー般的だ。

スポンサーリンク

スペイサイド

ハイランド地方の北東部に位置するスペイ川流域で、スコツトランド最大のウイスキー生産地。
エレガン卜で花のように華やかな、バランス
に優れた名酒が揃う。

ハイランド

スコットランドの北部を占める地域。
広大なため、東西南北に区分されることも多い。個性豊かな蒸留所が点在しており、地域全体としての特徴はない。

キャンベルタウン

アーガイル地方キンタイア半島先端にある小さな港町。
全盛期には30を超える蒸留所があったが、現在は3カ所のみ。
「ブリニー」と表現古れる塩辛さが特徴。

アイラ

ヘブリディーズ諸島最南端の島。
独特のスモーキーさ、ヨード香、ピート香で有名だ。
「潮の香り」をもつ個性的意味わいは現在のシングルモルトブームの火付け役。

アイランズ

アイラ島を除く、スコットランドの北岸から西岸にかけて点在する島々の総称。
各島、蒸留所の個性がはっきりとしており、島育ちの個悟派が揃う。

ローランド

穏やかな気候風土の影響からか、飲みやすく繊細なライトタイプのモルトウイスキーが多い。
大都市を擁する地域らしい、都会的な味わい。

スポンサーリンク
ウイスキーまとめ
この記事を書いた人
toylog.me

1993年生まれの広島在住の兼業ブロガー。
トイログ管理人toy(トイ)。
普段お酒を販売して飯を食ってます。
お酒とスマホゲーム、YouTubeの紹介やまとめ、レビューを記事にしています。トイログ随時更新!!

toylog.meをフォローする
トイログ

コメント