2018/4/24にブログを開設しました。

【イチローズモルト入手方法は?】イチローズモルト評価、口コミ、最安値まとめ




スポンサーリンク

イチローズモルト

・イチローズモルト
・イチローズモルト 種類
・イチローズモルト 見学
・イチローズモルト 2018
・イチローズモルト 酒屋
・イチローズモルト 定価
・イチローズモルト 値段

イチローズモルト口コミ

香り

ユーカリ油、ハーブ、オレンジピール、ミント。

加水でバニラクリーム。

味わい

シェリー樽由来の深みのある甘味と、ミズナラ樽の爽やかなミントとハーブのような風味。

微かな新樽香。

総合

いまはない羽生蒸溜所と、2008年操業の秩父蒸溜所の原酒をブレンド。

個性的で複雑な風味を楽しめる。

発売と同時に完売。

そんな商品も少なくない、常に品薄状態が続いているのがイチローズモルト。

2004年に創業、2007年に秩父蒸溜所を設立したベンチャーウイスキーが造るウイスキーだ。

同社の代表・肥土伊知郎氏が会社を設立したのは、実家が埼玉県羽生市で経営していた東亜酒造が売却された際、残っていたウイスキー原酒を活用するため。

この原酒から「カードシリーズ」などの名品がリリースされ、イチローズモルトの名は国内外のウイスキー愛好家から注目を浴びた。

ダブルディスティラリーズは、残っていた羽生蒸溜所の原酒と、秩父蒸溜所で新たに造られた原酒をヴァッティングしたブレンデッドモルト。

羽生蒸溜所のシェリー樽熟成の原酒は深い甘味が特徴。

一方の秩父蒸溜所のミズナラ樽熟成の原酒は日本らしい爽やかさが特徴。

その2つが見事に合体している。

ボトルの裏には「過去からの贈り物と新蒸留所のウイスキー原酒が時間を超えてひとっになりました。まろやかさと複雑さを併せ持つ・・・」とある。

世界が注目するクラフトディスティラリー、秩父蒸溜所。

イチローズモルトのボトルを見つけることができたら幸運、ぜひー度は飲んでみたい。

イチローズモルト 秩父 ザ・ファースト

バーボン樽熟成のモルト原酒だけを31樽選んでブレンド。

昼夜の温度差が大きい秩父では熟成が早く進むため、酒齢3年とは思えないほどリッチで深い味わい。

イチローズモルト 秩父 ザ・ピーテッド カスクストレングス

ピートを焚いた麦芽を使った原酒を、加水なしでボトリング。

スモーキーで個性が強いため好みは分かれるものの、いったん心惹かれるとクセになる魅惑的な香味。

イチローズモルト 秩父 オン・ザ・ウェイ

操業調始の年に蒸留した原酒を含む、2008年から2010年の貴重なモルト原酒を使用。

香木やハープを連想させる香り、ハチミツ系の甘味と柑橘系のフルーティさを感じる味わい。

コメント