2018/4/24にブログを開設しました。

【スコッチまとめ】ラフロイグは正露丸の臭い?おいしい飲み方紹介




ラフロイグはクセが強く飲むのをためらっていませんか?

飲もうか悩んでいるあなた!

是非一度飲んでみてください。

・値段ってどのくらいするの?

・おいしい飲み方は?

・本当に正露丸の臭いがするの?

このページでは、そんなあなたの悩みを解消していきます。

スポンサーリンク

ラフロイグ基本情報まとめ

  • 種別:スコッチウイスキー
  • アルコール度数:40%〜48%
  • 原産国:スコットランド
  • 製造会社:ビームサントリー

ラフロイグの由来

ラフロイグのおいしい飲み方

ラフロイグの種類

  • ・ラフロイグ
  • ・ラフロイグ10年
  • ・ラフロイグ18年
  • ・ラフロイグ30年
  • ・ラフロイグ クオーターカスク
  • ・ラフロイグ セレクトカスク

ラフロイグ

「10年」に比ベ潮の香りやヨ一ド香はマイルド。しかし、ラフロイグらしいクセのあるピートのスモーキーさは十分に楽し自る。

口中に広がる熟した果実の甘味の奥に、ラフロイグらしいスパイシーなピート香が漂う。

ノンエイジとは思えないバランスのよさで、フルーツケーキのようなスイートな風味も

  • アルコール度数:40%
  • 価格:4,000円
  • 仕込み水:キルブライド湖
  • 熟成樽:バーボン樽、シェリー樽

口コミ

ラフロイグ 10年

ピートのきいた麦芽から生み出されるシングルモルト。

何よりも磯の香りを思わせる個性的な味わいが特徴で、世界中の熱烈なファンを魅了し続ける。

  • アルコール度数:43%
  • 価格:5,600円

口コミ

ラフロイグ クォーターカスク

通常の原酒を、バーボン樽を解体して組み直した小さい樽に入れ替えて再度熟成。
力強く爽快なスモークで、すっきりとした飲み口。

後味に甘さのある余韻が広がる。

  • アルコール度数:48%
  • 価格:4,000円

口コミ

ラフロイグが旨い理由

アイラ島には、「We don’tmake friends
easily but the ones we do are for life. (簡単には友だちにならない。だが、友情を結んだらー生ものだ)」ということわざある。


ラフロイグは、まさにそんなウイスキーを造り続けてきた。


ボウモアが「アイラの女王」なら、ラフロイグは「アイラの王者」。


日本では「正露丸のよ到ともいわれるヨード臭は、海に近い湿地から切り出した海藻や苔をたっぷり含んだピートを、伝統的なフロアモルテイングでじっくりとたき込んでいるから。


その消毒薬のような香りに拒絶反応を示す人もいるが、クセになったらやめられないという人も多い。


アイラ島のこたわざのように、一度ファンになったら、一生飲み続ける人がたくさんいるのだ。


このクセの強いラフロイグにフレッシュな甘味を加え、スモーキーな風味をより多くの人に楽しめるようにしたのが「セレクトカスク」。


ペドロヒメネスシェリー樽、ヨーロピアンオークでできたオロロソシェリー樽、それにバーボン樽で寝かせた原酒を混ぜ合わせ、さらにアメリカンオークの新樽で仕上げの後熟。


従来の風味を継承しつつ、飲みやすさも加えた、英国王室御用達ブランドの伝統を気軽に味わえるー本である。

まとめ

いかかがでしたか?
正露丸臭くて飲むの躊躇してたあなたも是非一度飲んでみてください。
ウイスキーの常識が変わるかも・・・

コメント