2018/4/24にブログを開設しました。

ジャパニーズウイスキー『竹鶴』の評価、口コミ、最安値まとめ




スポンサーリンク

竹鶴とは

香り

リッチでフルーティ。
華やかでスパイシー。
溶剤、バニラ、メロン、バナナ。
加水でより上品なアロマ。
塩を感じさせるような微かな燻香。

味わい

スイートでオーキー。
微かにスモーキー。
でん六豆、塩昆布。
加水をしてもバランスは崩れない。

総合

日本を代表するブレンデッドモルト。
複雑な香味をもっていて、バランスも悪くない。加水をしてもバランスを崩さないので、水割り、ハイボールで気軽に楽しみたい。

竹鶴の特徴

封を切ると、ふわっと華やかな香りが立ち上がる。
ふくよかな果実の甘酸っぱさとバニラ香。
その奥にはピートの香りがシャキッとメリハリを付けている。
大人の夜を独り静か化過ごしたい。
BGMはピアノのソロだろうか。
それも、クラシックよりもジャズのほうが似合
うような気がする。
そんな気分を盛り上げてくれるボトルだ。
「モルトウイスキーでありながら、ブレンデッドウイスキースキーに匹敵するやわらかさを」。
ジャパニーズウイスキーの父といわれる竹鶴政孝の情熱を受け継ぐ逸品だ。

寒冷で海風にもさらされる余市蒸溜所で、ピートを焚き込み石炭直火蒸留をしたモルトウイスキー。
深い森に囲まれた湿潤な環境で、新川の清涼な仕込み水を使い、スチーム加熱で華やかに仕上げた宮城峡のモルトウイスキー。
性格の違う複数の蒸留所のモルトを、ブレンダーの絶妙な技でブレンドした。
ニッカではこれを「ピュアモルト」と称する。

華麗で爽やか、複雑だがスムーズでキレのある飲み心地のノンエイジや、厚みのあるボディ感で、徐々にコクを増していく17年、21年、25年ものをラインナップ。
ニッカを代表する銘柄だ。

スポンサーリンク
ウイスキーまとめ
この記事を書いた人
toylog.me

1993年生まれの広島在住の兼業ブロガー。
トイログ管理人toy(トイ)。
普段お酒を販売して飯を食ってます。
お酒とスマホゲーム、YouTubeの紹介やまとめ、レビューを記事にしています。トイログ随時更新!!

toylog.meをフォローする
トイログ

コメント