2018/4/24にブログを開設しました。

【芋焼酎ランキング】一度は飲みたい芋焼酎3選まとめ【まだ飲んでないの?】




焼酎は現在、日本全国で500種類以上の銘柄が存在しています。
その中で芋焼酎の銘柄は300種類ほどあります。
こんなに銘柄があったら何から飲んでいいのか、どの芋焼酎が1番旨いのか迷いますよね。
このページでは、一度は飲んでみた本当に旨い芋焼酎を3銘柄ほどに絞ってみました。

スポンサーリンク

一度は飲みたい芋焼酎3選まとめ

佐藤 黒

お湯割りで飲んでいただきたい焼酎『佐藤 黒』

霧島山系の良質な水を使って下処理しているのでサツマイモ本来の香りと味を楽しめる銘柄です。

また、出来上がった焼酎をじっくり熟成させることで味わいを安定させ、滑らかな飲み心地に仕上げています。
味付けの濃い豚の角煮などの肉料理と相性よし。

お湯割りにすることで、サツマイモの香ばしい匂いが楽しめるので、ロックではなく、お湯割りで味わっていただきたいです。

森伊蔵

焼酎界のスター3Mのなかの銘柄のひとつ『森伊蔵』

鹿児島の契約農家から仕入れたコガネセンガンを原料として使い、芋の穏やかな香りときめの細やかな口当たりが特徴の焼酎です。
高隅山系の伏流水を使用しているので口当たりがやさしく、のどごし最高。

ストレートで飲むことで『森伊蔵』の深さを知ることが出来るはずです。

でもちょっと高いのがネック。

なかむら

『なかむら』は、石造りの麹室という九州でも珍しい建造りで焼酎の製造をしています。
現在の焼酎は、全自動ドラム式や三角棚を使用する酒蔵が一般化した中、『なかむら』を製造・販売をしている有限会社中村酒造場さんは、日本酒と同じように全て麹蓋で造る手法を貫いているのです。
キレの良さや喉元を通る滑らかな口当たりは、この麹へのこだわりが成した味わいでしょう。

ぜひ、ストレートで飲んでいただきたい一杯です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回のページでは3種類の銘柄を紹介しましたが、日本全国にはまだ様々な芋焼酎が存在しています。
いろいろ探して、楽しい芋焼酎ライフをお過ごしください♪

スポンサーリンク
本格焼酎まとめ
この記事を書いた人
toylog.me

1993年生まれの広島在住の兼業ブロガー。
トイログ管理人toy(トイ)。
普段お酒を販売して飯を食ってます。
お酒とスマホゲーム、YouTubeの紹介やまとめ、レビューを記事にしています。トイログ随時更新!!

toylog.meをフォローする
トイログ

コメント