2018/4/24にブログを開設しました。

安くて旨いおすすめ焼酎ランキング5選




スポンサーリンク

第1位:黒霧島

安くてうまい芋焼酎『黒霧島』

黒霧島とは

宮崎県都城市の霧島酒造で作られる黒霧島は、トロッとした甘みとキリッとした後切れの良さが特徴の日本で一番売れている芋焼酎です。

主原料はコガネセンガン、度数は20度と25度が販売されています。

「霧島酒造を支える主力製品を造る」をコンセプトに作られた黒霧島は、芋らしさを出すために数種類の酵母を組み合わせているのです。

黒霧島を飲んだ感想レビュー

一杯目はロックで頂きましたが、スッキリとした味わいで飲みやすかったです。
二杯目はお湯割りで頂きましたが、ロックで飲んだときとは印象が変わりました。
香りが立ち、甘みも感じられました。

日本で一番売れている焼酎というのも納得です。

黒霧島を飲んだ感想ツイート


第2位:白波

芋焼酎の基本を知るなら白波がオススメ!

白波とは

鹿児島県枕崎市の薩摩酒造で作られる白波は、芋本来の特徴を生かした薩摩焼酎の代表銘柄です。

芋本来の香りと風味が楽しめ、芋焼酎のスタンダードな味わいを楽しむことがでします。

「農家とー体になった焼酎造り」がモットーの薩摩酒造は、芋畑の周りに蒸留所を設け、いつでも新鮮なサツマイモ(コガネセンガン)を使用できる環境にあります。

ロックやお湯割りはもちろんのこと、さまざまな飲み方ができるため焼酎初心者にオススメの芋焼酎といえます。

白波公式サイトはこちら↓
http://www.satsuma.co.jp/con-shouhin-imo-shiranami.html

白波を飲んだ感想レビュー

どのような飲み方をしても失敗しない白波ですが、僕がオススメする飲み方はお湯割りです。

お湯割りをすることでより一層芋の香りと浪醇な甘みが引き立つのです。

とんこつ煮との相性が抜群の芋焼酎です。

白波を飲んだ感想ツイート


第3位:二階堂

二階堂は料理との相性が抜群な麦焼酎

二階堂とは

二階堂は、全国で初めて麹も含めた麦100%の焼酎造りに成功したお酒です。

麦麹の開発は夜を徴して研究したといわれています。

麦の豊かな香りとが特徴的で、ストレートからお湯割りまでなんでもおいしい麦焼酎です。

料理に寄り添う万能な食中酒です。

二階堂公式サイトはこちら↓
http://www.nikaido-shuzo.co.jp

二階堂を飲んだ感想レビュー

二階堂を飲んだ感想ツイート


第4位:一刻者

「一刻者」は芋100%でまろやかな味わい

一刻者とは

独自製法で造られた芋麹を使用している一刻者。

軽快な口当たりで、芋本来の甘い華やかな香りが漂います。
すっきりとした上品な味わいで、香りが生きるロックから旨みが広がるお湯割りまで幅広い飲み方で楽しめます。

一刻者公式サイトはこちら↓
http://www.ikkomon.jp

一刻者を飲んだ感想レビュー

芋100%でまろやかな舌ざわり米麹を使用せず、芋麹のみを使用した本格焼酎の一刻者。

クセのない香りですっきりと味わえるので、ロックをオススメします。

一刻者を飲んだ感想ツイート


第5位:そば雲海

そば雲海でそば焼酎デビュー

そば雲海とは

そば雲海は、日本初のそばを原料とする焼酎を造った蔵元の酒で、厳選したそばと五ヶ瀬町の清冽な仕込み水を使用しています。

そばの爽やかな香りとすっきりとした甘みは、料理を選ばずどんな温度帯でもおいしくいただけます。

そば雲海公式サイトはこちら↓
http://www.unkai.co.jp/product/soba.html

そば雲海を飲んだ感想レビュー

そば特有の清涼感のある香りとすっきりとした味わいのそば雲海は、ロックやお湯割りでたのしめます。

そば湯で割るのが通の楽しみ方です。

そば雲海を飲んだ感想ツイート


まとめ

いかがでしたでしょうか。
低価格ながらおいしい焼酎はまだまだ沢山存在しています。
お好みの銘柄が見つかるはずです。

では、また。

スポンサーリンク
本格焼酎まとめ
この記事を書いた人
toylog.me

1993年生まれの広島在住の兼業ブロガー。
トイログ管理人toy(トイ)。
普段お酒を販売して飯を食ってます。
お酒とスマホゲーム、YouTubeの紹介やまとめ、レビューを記事にしています。トイログ随時更新!!

toylog.meをフォローする
トイログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました